• 日本歯周病学会専門医による歯周病治療

日本歯周病学会専門医による歯周病治療

誰もが歯周病に罹患する可能性を持っています

歯周病は国民病と呼ばれるほど、誰もが罹患する可能性を持っています。
そして、歯周病は「静かなる病気」と呼ばれており、自覚症状が感じられないまま進行してしまい、症状を感じたときには生活に支障を感じられるまでに進行しているケースが多いのが実情です。

だからこそ、異常を感じたらすぐに歯科医院で検査・治療を行うことが何よりも重要なのです。

歯周病・3つの特徴

  • 痛みを伴わず進行する病気
  • 歯周病は不治の病いではない
    → 適切な治療により歯周病の改善・予防(再発防止)ができる
  • 全身疾患を併発することがある
    (糖尿病・肺炎・動脈硬化・早産など)

歯周病はこのような特徴があります。昨今歯周病は全身疾患との関係性が高く、単なる口腔内の病気にとどまらないことがわかっています。

痛みが伴わないため歯周病は気付きにくく、気付いたときにはかなり進行している場合が多いです。しかし、歯周病は改善しますので、症状を感じたらなるべく早く医院へいらして下さい。

歯周病の罹患度

歯周病の罹患度

※歯周病は、歯肉炎・軽度歯周炎中等度歯周炎重度歯周炎との罹患の程度により、それぞれ処置対応は異なります

歯周病チェックリスト

歯周病は早期発見・早期治療が大切だと言っても、どのようなタイミングで歯科医院へ行けばよいかわからないという方のためにチェックリストを用意しました。

チェックリストに当てはまる症状がありましたら、歯科医院へ検査に行きましょう。

  • 歯磨きをしたときに、優しく磨いても血が出る
  • 歯ぐきが熱をもっている感じがする
  • 歯が長くなった気がする(歯茎が下がった気がする)
  • 食べ物が歯の隙間に挟まるようになってきた
  • 歯がグラついて、食事がしにくくなってきた
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭が強くなってきた
  • 歯が自然に抜け落ちてしまった

上記のような症状を感じたら、歯周病の可能性があります。どんなに些細な症状でも放置しないことが重要です。

歯周病治療に対する強いこだわり

なるべく歯を残す道を探す

歯周病は進行状態によって、歯肉炎・軽度歯周炎・中等度歯周炎・重度歯周炎とステージがわかれます。
重度になると歯を残すことが困難であったり、歯を残すことで逆に歯周病を治療する上でのリスクになる可能性もあります。

どうしても抜かなければならない場合を除いては、なるべく歯を残す道を探します。なぜなら、自分の歯に勝るものはないからです。

歯周基本治療を大切にする

当院は、歯周基本治療(感染源に侵されない口腔内の環境づくり)を大切にしています。

その環境を作るのは「患者様ご自身」です。歯科医院で毎日治療をすることは難しいので、ご自身で日々のブラッシング(セルフケア)の質を高め、口腔内の良い環境を維持することが、歯周病の改善につながります。

患者様のモチベーションをコントロールし、三人六脚(患者様・歯科医師・歯科衛生士)で持続的な治療をすることが「真の改善」といえます。

歯周外科治療や歯周組織再生療法治療はあくまでも手段であり、その効果を高めるのは歯周基本治療にほかならないのです。

患者様の一番の理解者であり続けること

歯周病治療は「継続」が必要です。
歯周病が改善するまでの道のり、または改善してから良好な状態を維持するにも継続的なケアが必要になります。

患者様ご自身でモチベーションを維持することの難しさや時間がかかることで不安になる気持ちなど、歯周病に関わってきたからこそ理解できることがあります。

どのような時でも当院は、患者様に一番理解者として伴走し、良い治療結果と改善した状態を長く維持できるよう努力していきます。

日本歯周病学会専門医・指導医と認定衛生士による「チーム治療」

鎌田歯科医院には、日本歯周病学会専門医・指導医である院長と日本歯周病学会認定歯科衛生士が在籍しています。

歯周病治療は歯科医師が行うもの“というイメージが強いですが、実は歯周病治療で一番長いお付き合いになるのは歯科衛生士です。だからこそ、歯科医師と歯科衛生士が共に歯周病に対する深い知識を持ち、「チーム治療」で解決する必要があります。

私達は高い専門性を持ち、クオリティの高い歯周病治療で、患者様のお悩みを解決することをお約束します。

歯周病治療の流れについて

精密検査

歯周病治療のみならず、すべての治療に対して言えることではありますが、治療をするためには「診断」が必要となります。そのためにも精密検査をしなければ診断することができません。

  • 歯周病をどれだけ発症しているか?
  • その歯周病は過去に発症したものなのか?
    または、今現在も歯周病を進行させているのか?
  • 患者さんが歯周病を回復させるための力(再生能力)を備えているか?

これらの3つのことを診断することが、歯周病を治す上で重要となります。
以上のことを診断するために、精密検査を行ないます。

カウンセリング(治療計画の立案)

検査結果・診断を元に治療計画を立案していきます。
治療計画は決して1つではありません。様々な治療法の中から、メリット・デメリットを考慮し、患者様と一緒になって考えながら、適切な治療計画を決めていきます。

我々が最も大切にしていることは、患者さんと共に目標設定を行い、共有することです。

歯周基本治療

歯周基本治療とは、歯周病の原因を除去していくための一番最初の入口となる治療です。歯周病の原因はお口の中に生息する歯周病菌です。ブラッシングを怠って磨き残しがあると、菌が悪さをし、歯周病を発症させていくのです。

歯周病の原因を除去していくために、主に以下の3つことを行なっていきます。

  • 徹底したセルフケアの実践(ブラッシングのレッスンと再評価)
  • 生活習慣改善のためのサポート(食生活や飲食物など)
  • 歯科衛生士による口腔ケア(プロフェッショナル・クリーニング)

歯周基本治療をしっかりと行なうことで、7〜8割の歯周病が改善を図ることが出来ます。

したがって、患者様自身の積極的な治療参加が、より治療の成果を高めていきます。

歯周外科手術

歯周基本治療で改善できなかった部分に対して、歯周外科手術を行うことにより、歯周病の改善を図ります。その種類には大きく分けて3つあります。

1. オープン・フラップ・デブライドメント

歯周基本治療で取りきることが出来なかった歯石および歯根表面の感染物を外科的に除去していく治療法です。

2. 歯周組織再生療法

歯周組織再生剤(リグロス)、歯周組織再生誘導材料(エムドゲイン)などを用いて、失った歯槽骨(歯を支える骨)を再生させる治療法です。歯周外科と併用することで、歯周病の改善をより促すことができます。

3. 根面被覆術

歯肉が退縮したことにより露出した歯根面を覆う治療です。
これにより、見た目の改善をすることが出来、知覚過敏などの予防も行うことができます。

再評価

歯周基本治療・歯周外科手術を行なった後、必ず再評価を行います。
初診時の精密検査における結果と比較し、どれだけ改善しているのかを再評価することは歯周病の再発防止を行なう上で非常に重要です。

メインテナンス

歯周病は再発する病気です。一度改善したとしても、これまで努力してきたセルフケアや生活習慣の改善・維持を怠ってしまうと、たちまち歯周病が再発してしまいます。また、一度治療が終了し、定期検診の期間となると日々の忙しさやセルフケアでの磨き残し、モチベーションの低下などが起こることがあります。

だからこそ、定期的なメインテナンスにより、磨き残しの再確認と除去・モチベーションの再向上を行なうことで、再発防止を行なうことができます。
したがって、規則正しいメインテナンスを行なうことは、歯周病を改善・維持するために重要な治療であると言えます。

歯周病関連ページ

歯周病でお困りの方へ

歯周病でお困りの方は、お気軽に当院へご相談下さい。
「歯周病かもしれないけど、相談していいのかな?」「食事が噛めなくて困っている」など、どのようなお悩みにも誠実に対応致しますので、安心してお問い合わせ下さい。

患者様に納得して治療に進んでいただくために、セカンドオピニオンも実施しています。

診療予約・お問合せはこちらから

ご予約はこちら03-3321-8020

10:00~13:00 - - -
14:00~18:00 - - -