歯周病について

このページは歯周病専門医・指導医が書いています。

このページは、日本歯周病学会歯周病専門医・指導医である副院長が書いています。
歯周病でのお悩み事にしっかりと答えていきますので、安心してご相談ください。

歯周病とは?

歯周病とは、歯を失う原因となる病気です。
初期症状として、歯茎が腫れます。それを放置しておくと、歯周病が進行していき、歯を支える顎の骨を溶かしていく病気です。したがって、歯を支える骨がなくなることで、歯を失ってしまいます。

歯周病の特徴

歯周病は4つの特徴があります。

痛みのない病気(静かな病気)

虫歯と異なり、痛みがないから自分では気づきにくい。

日本人の約8割の人が歯周病に罹患している。

特別な病気ではなく、誰でもなりやすい病気ということを現している。

決して怖い病気ではありません。

ちゃんとした治療をすれば、歯周病は早期発見だと直すことができ、たとえ重度に歯周病が進行してしまっていても、しっかりと治療していけば、歯周病の進行を食い止めて、再発防止をすることができる。

全身疾患との関連性がある

糖尿病や動脈硬化(心筋梗塞・脳梗塞など)早産、メタボリックシンドロームなど歯周病が原因で引き起こされる病気があります。即ち、歯周病はお口の中だけの問題ではなく、全身との関わり合いが深い病気と言えます。

どうしたら、歯周病だと気づくことが出来ますか?

ここしばらく歯科医院に行かれていない方であれば、歯科検診を受けましょう。
出血が止まらない、噛めない、噛むと痛みを伴うなどの症状があれば、できるだけ早く歯周病治療を行なうことをおすすめします。

歯周病の症状と進行状態を教えてください

軽度の歯周病

症状

歯茎からの出血、口臭

進行状態

軽度の症状の場合、ご自身で歯周病であることに気づきにくいです。ブラッシングが強い、別の理由で口臭だと感じられる方が多いです。この段階では、主に、日々の適切なブラッシングをすることで、改善することが出来ます。

中等度の歯周病

症状

噛むと痛む、歯がぐらつく

進行状態

この段階で、歯周病だと気づきます。または歯周病かもと疑問に思われる方が多いです。なぜなら、症状が出始めるころだからです。お食事のときに疼いたり、痛みを伴うことが多く、日々の生活に支障が出始めます。歯科医院にて、歯周病治療や噛みあわせの調整など適切な治療が必要となります。

重度の歯周病

症状

歯がグラグラで噛めない、歯茎が腫れて痛む

進行状態

重度まで歯周病が進行すると、歯を残すことが困難になるときがあります。なぜなら、歯周病により歯を支える骨が溶かされてしまっているからです。
日常生活では、食事を噛むことが出来ないくらい歯がぐらついたり、噛むと痛むなどの症状が出ます。この段階まで進行してしまうと、歯周病の専門医による治療が必要になることが多いです。治療としては、歯周病專門の知識・技術を基礎とした、歯周病治療のみならず、噛み合わせのバランスを整える必要となります。

歯周病の原因

歯周病の原因は、お口の中に潜んでいる歯周病菌です。この歯周病菌は、普段悪さをしていないのですが、磨き残しがあったり、日々行なっているブラッシングを怠たったりすると、お口の中で歯周病菌が増殖し、歯周病を発症させます。
したがって、歯周病は日々の生活に影響される病気であり、糖尿病と同じ様に生活習慣病の1つです。

歯周病を放置するとどうなりますか?

最終的には歯を支える骨がなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。
そうなってしまっては、ご自身の歯で過ごすことが難しくなってしまいます。ですので、症状が気になったらすぐに歯周病治療を行なうことが重要です。

歯周病は治療をすれば治りますか?

歯周病に完全治癒はありません。そして再発する病気です。だからこそ早期の段階での歯周病の発見が重要となり、適切な歯周病治療を行なうことにより、進行を止めることができ、歯周組織の再生を促すことができます。そして、適切な治療とメインテナンスにより、歯周病の再発防止を行うことができます。

まずは歯科検診を受けましょう。

前述しましたが、歯周病はご自身で気づきにくい病気です。気がついたときには歯周病はすでに進行していることが多いです。上記の症状に当てはまるものがあれば、まずは歯科検診を受けられることをおすすめします。

NEXT:歯周病専門医による歯周病の治療

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7576-4527

再診予約・その他03-3321-8020

10:00~13:00---
14:30~19:00---

※土曜日は14:00~18:30