小児矯正の無料相談会

小児矯正の無料相談会について

こんにちは!鎌田歯科医院です。
幼稚園入園や小学校入学、運動会など、親御さんにとって、成長していくお子様を見て、嬉しいお気持ちになられたのではないでしょうか?

鎌田歯科医院でも、「何かお子様の成長の手助けをしたい・・・」と医院のスタッフ全員で話し合ったところ、満場一致で、歯科医院らしく「お子様のお口の成長をサポートしたい!」と考えるようなりました。
そこで「矯正無料相談会」を実施することになりました!

鎌田歯科医院の小児矯正は少し変わっている?

鎌田歯科医院は、矯正歯科専門医(指導医)が院長の歯科医院です。
歯列矯正歯科治療「ワイヤーを付けて歯並びを整える治療」は、従来通り当然行っていますが、当院ではそれだけではない小児専用矯正歯科治療を行っていますので簡単にご説明させていただきます!

「10歳まで限定」の小児矯正歯科治療!

今回、私たちが行う「矯正無料相談会」は、「10歳まで限定」の相談会です。
「なぜ10歳までなの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思うので、理由をお伝えします。

日本人の成長(発育)の平均年齢において、
10歳ごろに上顎の成長がピークに達するって知っていましたか?

これは、上顎の成長が10歳前後で止まってしまうことを意味します。(あくまで平均年齢であり、個人差はあります)
したがって、10歳になるまでに、きちんと上顎の成長を促すことで、お子様のお口・お顔は正しく成長してくれます。

上顎が成長しないことへの弊害

上顎が成長しないと、下記のような症状がでてきます。
その一部をご紹介します。

永久歯が生える隙間をなくしてしまう

・歯並びがガタガタになります。
→むし歯、歯周病となるリスクが高まります。
・噛み合わせが不安定となります。
→顎関節症となるリスクが高まります。

鼻腔が狭くなる

・上顎の成長に伴い鼻腔(鼻に空気を吸い込む空洞)の大きさも一緒に拡大します。
・鼻腔が狭くなると鼻呼吸がしにくくなり、その結果、口呼吸をするようになります。
・口呼吸になるので、扁桃腺が腫れやすくなります。(鼻炎や風邪・発熱をひきやすくなります)

舌が奥へ引っ込んでしまう

・上顎の幅が狭いことから、舌が奥へ(咽頭部)へ引っ込んでしまい、酸素の吸い込む気道が狭くなります。
・酸素を吸い込みやすくする(気道を拡げる)ために、猫背(前かがみ)の姿勢となります。
・酸素の吸い込む気道が狭いため、睡眠中「いびき」をする様になります。

上記のように、お子様が成長していく上で様々な弊害があります。

猫背でお口をポカーンと開いているお子様をご覧になったことはありませんか?これは、上記のことが要因かもしれません。でもご安心ください。しっかり対処すれば大丈夫です!

また10歳を過ぎてしまったお子様でも、対処出来る治療は充分にありますので、ご安心ください!

なぜ10歳までの矯正治療を大切にしたいのか?

実は、当院・副院長自身の幼少期での経験を元に、10歳までの矯正治療を提唱しているのです。無料相談会では、副院長自身の実際の経験談や参考症例をお見せしながら親御さんにご説明をしていきます。

まずは、無料相談から始めませんか?

いきなり矯正治療と言われると、親御さんも足が引けてしまうと思いますので、まずは無料相談から始めてみませんか?

矯正の無料相談会は、随時鎌田歯科医院で開催中です。お子様同伴も可能ですので、是非ご家族でのご参加をお勧めします。
(お時間は約30分〜40分を予定しています。)

無料相談をご希望の方は、下記の応募フォームからご予約ください。
ご予約の前にお聞きしたいことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

氏名(漢字) ※必須

氏名(フリガナ) ※必須

電話番号※必須
※半角数字 (例:080-1111-4848)

メールアドレス※必須
※半角英数字 (例:xxxxx@xxxx.ne.jp)

ご希望のご連絡方法 ※必須

お電話メールどちらでも

お問合せ内容
※具体的なご相談やその他ご希望がある場合はご記入ください。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7576-4527

再診予約・その他03-3321-8020

10:00~13:00---
14:30~19:00---

※土曜日は14:00~18:30