歯科医師紹介

プロフィール

鎌田歯科医院 理事長 鎌田 征之

理事長 鎌田征之

博士(歯学)

日本歯周病学会認定 歯周病専門医・指導医

日本臨床歯周病学会 認定医・指導医

日本臨床歯周病学会 歯周インプラント指導医

略歴 日本大学松戸歯学部卒業
日本大学大学院 松戸歯学研究科(有床義歯補綴学)卒業
日本大学松戸歯学部兼任講師
所属学会・研究会 日本歯周病学会
日本補綴歯科学会
日本臨床歯周病学会
日本口腔インプラント学会
火曜会
臨床歯科研究会 歯考会
一月会
臨床歯科を語る会

ご挨拶

理事長カウンセリング

こんにちは。鎌田歯科医院の理事長をしております鎌田征之です。

私は幼い頃からずっと、歯科治療に携わる祖父や父の姿を見て育ってきました。祖父からの教えの一つに「しっかり噛めることの大切さ」があります。

口腔は生きていくために必要な栄養を摂取する一番最初の器官です。口腔が健康でなければ、生きていくための栄養を摂取することはできません。つまり「しっかり噛める」ことは健康を維持するために重要なことの一つなのです。

私は祖父の教えの影響から、「しっかり噛める」ためには歯を支える歯周組織の健康が大切と考え、歯科医師になってから歯周病を専門に研究をしてまいりました。そして日本歯周病学会から歯周病専門医の認定を受けました。

歯周病治療に携わる中で感じたことは、歯科医師1人の力で病気を治すことに限界があるということ、そして病気になってから治療するだけではなく健康の状態を維持・継続させることが大切ということがあります。

スタッフと連携して治療の幅を広げる

スタッフと連携

歯科医師がどれほど専門的な知識や技術を持っていても、患者さまやスタッフの協力がなければ、治療の成果は上げられません。

理想とする歯科治療を行うためには、互いに尊重し合い治療に邁進していけるパートナーが求められます。鎌田歯科医院にはそのパートナーとなる歯科衛生士たちが在籍しています。歯科医師と歯科衛生士が密に連携し協力することで、高度な歯科治療を、自信を持って皆さまに提供できるようになりました。

予防歯科の考え方をもっと広めたい

小児歯科診療

私の目標は、近い将来この地域に住む皆さまのむし歯や歯周病をゼロにすることです。そのためには、病気になってから治療するだけではなく健康の状態を維持・継続させること、つまり「予防歯科」の考え方を広めることが大切となります。それがこの地域に浸透したときに、私の目標とする歯科治療が実現するのだと考えています。

皆さまの「健康な生活」を守ること。そして「健康な生活」を守るために全力を尽くすこと。これが歯科医院としての本当の責務だと考えています。私たちと一緒に「健康な生活」と共に歩んでいければ幸いです。

学会発表・論文紹介

主な学会発表

  • 『重度広汎型歯周炎患者における抗菌療法とOne Stage Full Mouth Disinfectionの併用療法 』
    ~2005年 日本歯周病学会 第48回秋期学術大会~
  • 『重度広汎型歯周炎患者におけるリアルタイムPCR法による歯周病原性細菌の検出』
    ~2006年 日本歯周病学会 第49回春期学術大会~
  • 『下顎枝からの移植骨により骨増生を行なった一症例』
    ~2006年 第6回日本大学口腔科学会学術大会~
  • 『重度広汎型歯周炎患者における抗菌療法とOne Stage Full Mouth Disinfectionの併用療法』
    ~2007年 日本歯周病学会 第50回春期学術大会 ~
  • 『動揺歯の対応として咬合の改善を行った症例』
    ~2007年 日本臨床歯周病学会 第25回年次大会~
  • 『咬合支持歯の動揺を改善した症例』
    ~2007年 第7回日本大学口腔科学会学術大会~
  • 『審美領域にインプラント治療を行った症例』
    ~2008年 第8回日本大学口腔科学会学術大会~
  • 『片側性義歯で対応した長い中間欠損症例』
    ~2009年 第9回日本大学口腔科学会学術大会~
  • 『上顎根分岐部病変と歯根膜』
    〜2010年 火曜会55周年記念講演会〜
  • 『顎位の安定を図った重度歯周炎症例』
    〜2010年 第10回日本大学口腔科学会学術大会〜
  • 『上顎根分岐部病変へ対応した症例』
    〜2010年 第10回日本大学口腔科学会学術大会〜
  • 『大臼歯部コンポジットレジン耐摩耗性の多施設研究』
    〜2010年 第10回日本大学口腔科学会学術大会〜
  • 『顎位の安定を目指したEichnerB3症例』
    〜2011年 第31回臨床歯科を語る会〜
  • 『ソケットリフトを併用した自家歯牙移植症例』
    〜2011年 第11回日本大学口腔科学会学術大会〜
  • 『口腔乾燥症における歯科衛生士のアプローチ』
    〜2011年 第11回日本大学口腔科学会学術大会〜
  • 『カントゥアーの再現に苦慮した症例』
    〜2012年 第12回日本大学口腔科学会学術大会〜
  • 『リスクアセスメントを用いてカリエス予防を行なった症例』
    〜2012年 第12回日本大学口腔科学会学術大会〜
  • 『上顎大臼歯根分岐部病変に対応した1症例』
    〜2012年 日本歯周病学会 第55回秋期学術大会 ~
  • 『咬頭嵌合位の安定を目指した下顎後退位症例』
    〜2013年 咬合療法研究会 ~
  • 『診査・診断/欠損歯列の見方』
    〜2013年 臨床歯科研究会・歯考会30周年記念発表会 ~
  • 『重度慢性歯周炎患者にインプラントオーバーデンチャーを用い歯の保存に努めた一症例』
    ~2014年 日本歯周病学会 第57回春季学術大会~
  • 『シンポジウム:私の診療室における歯周治療への取り組み・歯周治療における臨床記録の意義』
    ~2014年 日本臨床歯周病学会 第67回関東支部教育研修会~
  • 『咬合性外傷を伴った限局型中等度慢性歯周炎の1症例』
    ~2016年 日本歯周病学会 第59回春季学術大会~
  • 『咬合性外傷を伴った重度慢性歯周炎の1症例』
    ~2016年 日本歯周病学会 第59回秋季学術大会~
  • 『Case report: Extensive severe chronic periodontitis in a diabetes patient』
    ~2016年 American Academy of Periodontology 102nd Annual Meeting~
  • 『老年歯科医学領域におけるヒエラルキーの高い臨床エビデンスの現状は?』
    ~2017年 日本老年歯科医学会 第28回学術大会~
  • 『シンポジウム:歯周病患者との向き合い方・重度歯周病患者への対応』
    ~2018年 日本臨床歯周病学会 第80回関東支部教育研修会 第28回歯科衛生士セミナー~
  • 『機械的強度と吸収性を兼ね備えたメンブレンの開発に関する基礎的研究』
    ~2019年 日本補綴歯科学会 第128回学術大会~
  • 『アンテリアジグを用いた顎運動測定の再現性に関する検証』
    ~2019年 日本補綴歯科学会 第128回学術大会~
  •     

主な論文

  • 『歯周治療と咬合の安定により動揺歯の改善をみた症例』
    ~日本臨床歯周病学会会誌 JJACP, 2007, Vol.25, P43~P48~
  • 『上顎根分岐部病変へ対応した症例』
    ~the Quint essence, 2008, Vol.27 no.9, P124~P131~
  • 『あなたは、どんな歯科衛生士になりたいですか?』
    ~デンタルハイジーン、Vol.31 no.10/2011、P1138~P1139~
  • 『咬合の安定を目指した重度歯周炎症~咬合崩壊症例の治療方針を再考~』
    ~デンタルダイヤモンド, 2013, Vol.38 no.11, P143~P152〜
  • 『術者に求められる知識と技術・歯周病治療における臨床記録の意義』
    ~デンタルダイヤモンド, 2014, Vol.39 no.567, P40~P45~
  • 『臨床記録を活用した歯周病治療』
    ~DHstyle, 2014, Vol.8 no.98, P74~P81~
  • 『なぜ歯科衛生士にX線読影力が求められるのか』
    ~DHstyle, 2016, Vol.10 no.118, P12~P15~
  • 『”読める”と臨床が楽しくなる。私たちのデンタルX線写真活用例』
    ~DHstyle, 2016, Vol.10 no.118, P65~P77~
  • 『補綴処置にコーヌステレスコープ義歯を用いた広汎型重度慢性歯周炎患者の症例』
    ~日本臨床歯周病学会会誌 JJACP, 2018, Vol.36, P83-P88~
  • 『Is the Simple Anterior Deprogramming Device Applicable for Diagnosis and to Predict the Prognosis? The Reproducibility of the Mandibular Tracing Recorded by the Device』
    ~International Journal of Oral-Medical Sciences, 2020, Vol.18, Issue 3-4 P227-P232~
  • 『Comparison of Mandibular Movement Traced by the Anterior Deprogramming Device and Jaw Function Tracking System』
    ~International Journal of Oral-Medical Sciences, 2020, Vol.18, Issue 3-4 P310-P316~

書籍

  • 『根分岐部病変への対応』
    ~歯と歯列を守るための歯根膜活用術, 医歯薬出版社, 東京, 2011, P50~P53〜
  • 『顎位の安定を目指したEichner B-3 症例』
    〜31th 臨床歯科を語る会 Proceedings, 臨床歯科を語る会, 東京, 2011,P93〜
  • 『臨床記録を活用した歯周病治療』
    DHstyle, 2014, Vol.8 no.98, P74~P81
  • 『咬合崩壊を伴う歯周病治療』
    〜歯周病治療の臨床, デンタルダイヤモンド社, 東京, 2015, P132~P139〜
  • 『歯周基本治療の意味を再確認した一例』
    〜あるスタディー・グループの歩みⅣ, 錦明印刷株式会社,東京, 2015, P36~P41〜
  • 『治療用義歯を用いた咬合の安定確保』
    聞くに聞けない歯周病治療100(理事長が編集に参加しています。), デンタルダイヤモンド社, 東京, 2018, P86-P88〜
  • 『咬合診査方法① アンテリジグ』
    聞くに聞けない補綴治療100(理事長が編集に参加しています。), デンタルダイヤモンド社, 東京, 2019, P24-P25〜

プロフィール

鎌田歯科医院 鎌田 勝之

矯正歯科医 鎌田勝之

歯学博士

日本矯正歯科学会 認定医・日本矯正歯科学会 指導医

略歴 日本大学歯学部卒業
日本大学大学院歯学研究科(歯科矯正学)卒業
日本大学歯学部兼任講師
所属学会・研究会 日本矯正歯科学会
米国矯正歯科学会(AAO)
日本小児歯科学会
日本成人矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会
矯正歯科研究会・オルソフリーク主宰

ご挨拶

このたびは鎌田歯科医院のホームページに訪れていただき、ありがとうございます。当院はこの地に開業して、すでに80周年を迎えました。父がこの地で開業してから今まで、できる限り地域の皆さまが笑顔になれるような治療を行いたい、地域の皆さまの健康を守りたいという思いで、治療を続けてきました。その思いは、2代目の私も、3代目になっても、変わることはありません。

病気にならないためには予防が重要

診療ユニットライト

私は35年間、大学で矯正歯科の研究・教育・診療を続けながら後進の指導にあたってきました。また、臨床医としても多くの患者さまと触れ合ってきました。その中で感じたのは、治療後の患者さまの笑顔と明るさが何よりのものだということです。

私を含め、誰もが何のトラブルもない健康な体で過ごしたいと思っています。当院を訪れる患者さまにお話しを伺うと、皆さまもそう願っています。そんな患者さまの願いを叶えるためには、まず病気にならないよう予防していくことが大切なのです。

予防のためには、まず徹底的に検査をしてお口の中の状態を正確に把握することが必要です。そしてどんな小さなトラブルでも見逃さず、お口の中を健康な状態に戻さなければなりません。そのためには私1人の力ではなく、スタッフの協力が不可欠でした。

今では私の考えに共感してくれるスタッフが当院に集まっています。歯科衛生士、アシスタント、医療事務スタッフまで、全員が一丸となって予防歯科の普及に努めています。

歯科医院を町の健康ステーションに

私はこの鎌田歯科医院を、健康な人が病気にならないために訪れる場所にしていきたいと思っています。いわば町の「健康ステーション」です。そのための体制作りも本格的に始めました。

患者さまが気軽に訪れていただけるよう、2010年には院内の改装を行いました。また、治療中の患者さまのプライバシーに配慮して、2014年には診察室を隣接地に新築し、個室化する予定です。高度な治療も当院内で行えるよう、オペ室も完備しています。

当院のスタッフも私の考えに共感し、それぞれができることを始めています。お口の中に少しでも違和感があったら、すぐに当院を訪ねてください。スタッフが笑顔でお迎えし、チーム力を駆使して全力で治療を行います。

診療予約・お問合せはこちらから

ご予約はこちら03-3321-8020

10:00~13:00 - - -
14:00~18:00 - - -