人間歯科ドック

予防プログラムとしての歯科人間ドック

唾液検査や歯周病検査、噛み合わせ検査

当院では予防歯科の一環として、歯科人間ドックを行っています。歯科人間ドックでは、唾液検査や歯周病検査、噛み合わせ検査を行い、患者さまのお口の中に棲む細菌の傾向などをチェックします。そのデータを活かし、患者さま一人ひとりに合った予防プランを立てています。

歯科人間ドックの流れ

当院を受診された患者さまには、治療の前にまず歯科人間ドックを受診していただきます。当院の歯科人間ドックは、MTM(メディカル・トリートメント・モデル)という考え方に基づいています。

【1】受付・問診票記入 まずは受付を行い、問診票の記入をしていただきます。

【2】問診・説明 記入していただいた問診票を見ながら、ドクターが問診します。歯科人間ドックの内容や目的をご説明します。

【3】歯周病検査 プロープという器具で歯周ポケットの深さを測る歯周病検査を行います。

【4】口腔内写真撮影 診察・治療前の状態がわかるように、お口の中全体の写真を撮影します。

【5】レントゲン写真撮影 歯の状態などを診断するため、レントゲン写真を撮影します。

【6】サリバテスト(唾液検査) サリバテストと呼ばれる唾液検査を行います。これでむし歯や歯周病になるリスクが判断できます。

【7】応急処置 痛みがあるなど、すぐに治療が必要な歯があれば、応急処置をして進行を止めます。

【8】予防プログラム 検査データを基にむし歯や歯周病のリスクを算出し、患者さまに合った効果的な予防法をアドバイスします。

MTM(メディカル・トリートメント・モデル)について

MTM(メディカル・トリートメント・モデル)

MTM(メディカル・トリートメント・モデル)とは、初期のリスク評価から、個々の患者さまに合わせた予防プログラムの立案、最小侵襲治療などを行い、定期的なメンテナンスに至るまでの治療の流れです。当院ではこの考え方に基づき、歯科人間ドックや治療を行っています。日本ではあまりなじみのない言葉ですが、欧米ではすでに一般的になっています。

たとえば、お腹が痛くて病院に行ったとします。そのとき医師は、いきなり薬を飲ませたり、ましてや手術で臓器を切り取ったりはしません。さまざまな検査を行い、どのような病気なのか検査・診断した上で、患者さまの体質に合った薬を出すなどの処置を行います。

この流れを歯科治療に取り入れたのがMTMです。治療や予防をより効果的に行うために、最初に歯科人間ドックでさまざまな検査を行い、得たデータをその後の治療や予防に活かしていきます。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7576-4527

再診予約・その他03-3321-8020

10:00~13:00---
14:30~19:00---

※土曜日は14:00~18:30