むし歯治療

一般歯科・むし歯治療

当院では天然の歯を少しでも多く残すため、できるだけ削らない治療を心がけています。

むし歯とは、お口の中の細菌が分泌した酸によって歯が溶かされてしまう病気です。治療では、酸に溶かされた部分を削り取り、詰め物や被せ物でふさぎます。

しかし天然の歯は、一度削ってしまったらもう二度と元には戻りません。「むし歯だからとにかく削る」ではなく、噛み合わせなどを含めたお口の中の状態を総合的に考えた上で、できるだけ歯を削らない治療をしております。

時間をかけてカウンセリング

来院時にはまずカウンセリングを行い、患者さまのお気持ちやご要望をじっくりとお伺いします。治療方針も、患者さまとの話し合いをとおして決めていきます。

治療中も、随時お口の中の状態をわかりやすくご説明しています。納得のいかない治療はいたしません。疑問点などがありましたら、遠慮なくお申し出ください。

なるべく削らない治療

ていねいに時間をかけて施術

ごく初期のむし歯なら、細菌を除菌して毎日のブラッシングなどこまめなケアを行うだけで、歯の再石灰化が促されて治ることがあります。そのため当院では、お口の中の状態を精査した上で、予後までを視野に入れた最善の治療をご提案します。

むし歯が進行しても「できるだけ削らない治療」というスタンスは変わりません。削る量を可能な限り少なくするため、ていねいに時間をかけて施術します。そのための最新機器や技術も導入しています。

暫間的間接歯髄覆罩法(ざんかんてきかんせつしずいふくとうほう)

歯の表面は硬いエナメル質で覆われています。そのすぐ内側にあるのが、やわらかい象牙質です。さらにその内側、歯の中心には神経の通っている歯髄があります。

むし歯によって溶かされた象牙質を取り除いた際、歯髄がむき出しになってしまうような場合に使われる治療法が「暫間的間接歯髄覆罩法」です。英語名の頭文字を取って、通称「IPC法」と呼ばれています。

溶かされた象牙質を取り除く前に、特殊な薬剤で象牙質の細胞に刺激を与え、象牙質と歯髄の間に新たな象牙質ができるように促します。新たな象牙質ができてから、改めて溶かされた象牙質を除去します。この方法であれば歯髄がむき出しになることもなく、削る部分も最小限に抑えることができます。

3Mix法

歯の内側にある象牙質には、目に見えないほど細い象牙細管という管が通っており、むし歯菌に冒された象牙質を全て取り去って除菌したつもりでも、象牙細管の中にむし歯菌が入り込んでいることがあります。すると、せっかく詰め物や被せ物をした歯の内側でむし歯が再発し、進行してしまいます。

3Mix法は、むし歯によってできた穴に3種類の抗菌薬を詰めることで、象牙細管の中に入り込んだ細菌を除去します。細菌がいなくなると歯の再石灰化が進むので、不必要に大きく削ることなく治療できます。痛みを感じている場合でも、ほぼ1回の治療で痛みが治まります。

治療に使う機材

歯科用レーザー

当院ではさまざまな治療に使える歯科用レーザーを導入しています。レーザーを照射することで、細菌を除菌したり、歯肉の腫れを和らげたりできます。歯科用レーザーは、歯周病の治療や、インプラントなどの外科手術の際にも使われています。

また、当院ではCTも導入しています。通常のレントゲンでは平面的な写真しか撮影できませんが、CTでは3次元的な映像が撮れるので、複雑な患部の状態を正確に把握できます。

院内に歯科技工室を設置

むし歯の治療では、削った部分をふさぐ被せ物も重要です。被せ物の出来が良くなければ、噛み合わせなどに影響が出てしまいます。

当院では院内に歯科技工室を設けています。歯科技工士と歯科医師が常に連携を取って治療に当たることで、患者さまのお口にぴったりと合う被せ物を作ることが可能です。

診療予約・お問合せはこちらから

初診の方はこちら050-7576-4527

再診予約・その他03-3321-8020

10:00~13:00---
14:30~19:00---

※土曜日は14:00~18:30