歯茎から出血することありませんか?

どんな時に歯茎から出血をしますか?

☑朝起きると血の味がする
☑ハブラシに血がつく
☑歯間ブラシに血がつく
☑糸ようじをすると血が出る
☑食べていると血の味がする
☑うがいをすると血が出る

歯茎から出血してしまう原因は?

上記の項目に当て待った方は、下記のような原因が考えられます。

・歯周病で出血

 ハグキからの出血はもっともわかりやすいサインです。歯周病の初期は、自覚症状がほとんどなく、ハグキが赤く晴れる歯肉炎になります。放置しておくといつのまにか炎症が強くなり、ハグキから膿が出たり口臭を伴います。ハミガキ時に出血したら歯周病が進んでいるかもしれません。

・虫歯が原因で出血

 虫歯が進行することで、ハグキから血が出るという場合にはかなり放置していてかなり大きな穴が空いているような状態になっています。歯の神経をダメにし、根の先に膿がたまります。それにより、骨を溶かしハグキが腫れ血が出ているかもしれません。

・ハミガキ時など、ホームケアによる出血

 間違ったブラッシング方法や、自分のお口に合っていないハブラシや歯間ブラシを使っていると、出血する場合があります。ハグキに炎症がある場合、硬いハブラシを使い炎症を悪化させてしまったり歯間ブラシ、糸ようじを無理やりいれることによりハグキが傷つき出血の原因になることもあります。

・生活習慣による出血

 主にタバコが原因となって、血流が悪くなり、ハグキに炎症を起こし血が出やすくなります。喫煙する人は、喫煙しない人にくらべて歯周病になりやすく、症状の悪化にもつながります。

・疲労・寝不足・ストレス・風邪による出血

 疲れや、ストレス、体調が悪い時などは、免疫力が下がっているため、いつもは抵抗できている菌に抵抗できません。お口には、元々たくさんの菌がいますが、歯周病菌に抵抗できなくなるとハグキに炎症を起こしやすくなり血が出やすくなります。

・ホルモンバランスの変化による出血

 妊娠中や更年期など女性ホルモンの変化により、歯周病が悪化しハグキから出血しやすい状態になります

・薬による出血

 抗血小板薬や、抗凝固薬を飲んでいるとハグキから出血が見られることがあります。この薬の効果である血液をサラサラにし、血液の流れを良くすることから、血が止まりにくいという症状も出ることもあります。降圧剤を飲んでいる場合もハグキに影響が出て出血の原因になることがあります。

・ハグキの癌による出血

 入れ歯をしている方なら、入れ歯が当たって痛かったり、歯がグラグラでよく出血する場合しハグキの癌の可能性もあります

・病気が原因となる出血

 血友病、白血病、再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病、ネフローゼ症候群などの病気の症状としてハグキからの出血あります。

歯茎からの出血は、歯周病によるものが多い

このように、ハミガキをしていて血が出る原因はさまざまな理由から起こっている可能性がありますが、歯周病により出血している場合がほとんどです。

歯周病は、膿が出たり、歯がグラグラ揺れたりして痛そうなイメージを持っているかもしれませんが 実際、歯周病はサイレントディジィーズ静かな病気とも言われ、痛みがなく進む病気です。そのため、重度になるまで気がつかない方が大半です。
歯科疾患実態調査でも85%の人が歯周病になっているというデータも出ています。

歯周病を予防、改善するためには、正しいホームケア、生活習慣の改善、メンテナンスなどを行なっていくことが大切になります。

歯茎からの出血がある方は 一度、歯周病の専門の歯科医院の受診をお勧めします。